子ども(幼児)と行くディズニーランドのおすすめのルート

子ども(幼児) ディズニーランド おすすめルート

子ども(幼児)と一緒にディズニーランドへ行くとき、どのアトラクションなら安全に楽しむことができるのか、どのようにパークをまわれば効率よくアトラクションに乗ることができるのか悩むと思います。
そこで、ここでは活動的で好奇心旺盛な小学校入学前の子ども(幼児)たちと一緒に楽しめるディズニーランドのアトラクションのおすすめルートを紹介します。

子ども(幼児) ディズニーランド おすすめルート

ベビー・キッズのお店☆ハニースマイリーズONLINE

例えば、今回の目的を、
ミッキーと写真を撮る
「ミッキーの家とミートミッキー」へ行く。
体を動かせるアトラクションをする
「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」「グーフィーのペイント&プレイハウス」へ行く。
子どもが好きなディズニーキャラクターが登場するアトラクションに乗る
「プーさんのハニーハント」へ行く。
子どもが初めて体験するアトラクションに乗る
「ホーンテッドマンション」へ行く。
の4つにします。この4つを入れたルートを考えておきます。

ショーやパレードは、移動の合間に見て、子ども(幼児)と一緒に楽しめるアトラクションを中心にまわることにします。





(9時30分ごろ入園)
パークに入園後、「プーさんのハニーハント」ファストパスを取っておく。

ファストパスとは、あらかじめ指定された時間内に戻ってくれば、少ない待ち時間でアトラクションを利用できるシステムです。

「ミッキーの家とミートミッキー」へ行って、ミッキーと記念の写真を撮る
パークに来た記念に思い出の写真を撮りましょう!
写真を撮るなら、子どもが元気で機嫌のよい午前中がおすすめです。

カメラマンに写真を1枚撮ってもらえるのですが、1グループにつき1枚なら持参したカメラでも写真を撮ってもらえます。カメラマンに撮ってもらった写真は、出来上がりを見て、後で購入するかどうかを決めることができます。
子ども(幼児) ディズニーランド おすすめルート
「グーフィーのペイント&プレイハウス」へ行って、グーフィーの部屋をペンキ噴射装置(トゥーントーン・スプラットマスター)を使って模様替えする。
新しくできたアトラクションなのですが、意外に知られていないようで、比較的すいていると思います。

子育てママに大人気!無料で家まで届けてくれる宅配クリーニング「リネット」

早めの昼食をとる。
子どもが何を食べたいのか、何なら食べられるのかにもよりますが、トゥーンタウンの中には「ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ」「ミッキーのトレーラー」などの飲食店がありますし、ファンタジーランドの方へ行くと「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」があって、そこではお子様メニューがありますので、子どもの好みに合わせてお店を選びましょう。
我が家は、誕生日ケーキも食べる目的で「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」へ行ったのですが、外装はもちろん、内装が可愛らしくて、それを見ただけで子どもはテンションが上がり、お子様メニューもほぼ完食していました。

③④⑤⑥は、その時の混雑状況を見て、アトラクションの順番を決めてください。
「ミッキーのフィルハーマジック」を見る。
「アリスのティーパーティー」に乗る。
「ピーターパン空の旅」に乗る。
「イッツ・ア・スモールワールド」に乗る。
子ども(幼児) ディズニーランド おすすめルート
「ミッキーのフィルハーマジック」は一度に大勢入れるので、いつもすぐに入場できることが多いです。
「アリスのティーパーティー」も一度に大勢が楽しめるアトラクションであり、回転率が高いので、順番待ちの列ができていてもすぐに乗ることができます。
「ピーターパン空の旅」が一番混雑していることが多いです。待ち時間を見て、子どもの様子を考えて大丈夫そうなら、列に並んで待ちましょう。

子供服といえば「devirock(デビロック)」!オシャレな最旬トレンドアイテムやベーシックアイテムが799円~!

「プーさんのハニーハント」に乗る。
ファストパスの時間を見てルートに入れてください。当日の混雑状況にもよりますが、午前中の早い時間にファストパスを取ると、夕方ごろの時間帯になっていることが多いです。

「ホーンテッドマンション」に乗る。
やや薄暗くなったころに行くと、雰囲気が出てくるのでおすすめです。

夕食をとる。
我が家の子どもたちは、アドベンチャーランドにある「チャイナボイジャー」が大好きです。中華めんのお店なのですが、普段はあまり食べない子どもでもここの中華めんはいつも残さず食べてくれます。お子様メニューもあります。

きっと夕食後には、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」がはじまると思います。そちらもちらっと見つつ・・・

「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」に乗る。
とても人気のアトラクションですが、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」前後には長かった順番待ちの列が短くなっていることがあります。その時間帯をねらって、なるべく待ち時間を短くしてアトラクションを楽しみましょう。

大人女性にオススメの通販ショップ【titivate】

この後、花火等がありますが、子どもの様子を見て大丈夫そうなら一緒に楽しみましょう。ウトウトしはじめていたら、子どもの体力を考えて、名残惜しくもパークをあとに・・・。

子ども(幼児) ディズニーランド おすすめルート

子ども(幼児)も一緒に乗れるアトラクションを中心にまわってみましたが、その中でももちろん、自分自身も楽しめるポイントを決めてまわるルートに入れておくと、より満足度が高まっていいですね。パークに行った時の混雑状況によってルートの変更はありますが、参考にしていただけたらと思います。