子ども(幼児)にもおすすめ チームラボ ボーダレスinお台場で一緒に楽しめる作品を紹介します!

テレビの特集を見ていた子ども(4歳)が、「このキラキラに行きたい!トカゲ踏みたい!」と言い出し、小さな子どもたち(幼児:4歳と2歳)には難しいのではと思っていましたが、調べてみると、安全に体を動かしたり、絵を描いたりして子どもでも体験できるところがあるとわかったので、お出かけすることにしました。
子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場

「チームラボ ボーダレス」は、光と映像と音楽を融合させた、境界のないアート作品で、2018年6月にお台場に誕生した今話題の常設ミュージアムです。
❝境界のない1つの世界の中で、さまよい、探索し、発見する❞
境界のないアートは、部屋から出て移動し、他の作品とコミュニケーションし、影響を受け合い、他の作品との境界線がなく、時には混ざり合う、そのような作品群によって境界なくつながっていく1つの世界「チームラボ ボーダレス」。
広さはなんと10,000㎡もあり、作品の中に身を投じて探索すると、今までにない全く新しいアート作品を楽しむことができるミュージアムです。



≪ 事前に知っておくとよいこと!! ≫
保護者1名につき、子ども(中学生以下)は2名まで入場できる。
小さい子連れなら、大人1名に対し子ども1名がよい。
暗闇では迷子になりやすいので。
ベビーカーでは中に入れない
入口の荷物置き場(カギ付き)に置いておく。
ふたのあるドリンク類(ペットボトルや水筒)は持ち込める
赤ちゃんや子ども用のドリンクもふたがあるものなら持ち込める。
休憩室では飲み物のみ可
自動販売機がある。
「EN TEA HOUSE 幻花亭」でお茶が楽しめるが、食べ物の提供はない
※2018年12月1日から好きなドリンクとアイスクリームのセットの提供がはじまる。
◆昼食をはさむ時間帯に利用する場合、早めにすましておくか、再入場もできるので、近くの飲食店を利用する。
隣には、パレットタウン・ビーナスフォートがあります。
◆アスレチックエリアでも安全に楽しめるように、運動靴を履いていくとよい
◆床が鏡面になっている作品もあるので、スカートは避ける
入口の横にコインロッカーがあるので、貴重品や必要最低限のもの以外は預けておく。(コインロッカーは100円で利用でき、返却時に戻ってきます。)
◆前売り券が完売した場合、当日券の販売はおこなっていないので、事前に前売り券を購入しておくとよい。
前売り券は、チームラボの公式ホームページやローソンチケット、セブンチケットのいずれかで購入することができます。
パンフレットがない。また、順路もない

子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場


『チームラボ ボーダレス』は5つの世界で構成されています。
Borderless World
運動の森
学ぶ!未来の遊園地
ランプの森
EN TEA HOUSE 幻花亭
これらの中から、子どもにおすすめの一緒に楽しめる作品を紹介します。

子どもにおすすめの一緒に楽しめる作品 〛
☆人々のための岩に憑依する滝
チームラボ ボーダレス お台場 子どもとおでかけ
人が作品の上に立ったり、作品に触れたりすると、水の流れを変える岩のように、その人自身が岩となり、水の流れが変化していきます。

☆クリスタルワールド
子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場
子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場
この作品は、光の点の集合で立体物をつくっていろいろな世界を表現しています。レインボーや暴風などの様子が表現されて、次々に変化していきます。

※チームラボのエキシビジョンアプリを使って、作品に参加することができます。クリスタルワールドの入口に案内があります。

☆グラフティーネイチャー山山と深い谷
子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場

動物や花の輪郭が描かれた紙にクレヨンで色ぬりをした後にスキャンをしてもらいます。しばらくすると、どこからかその絵がでてきて動き出します。動物は人が踏み過ぎると、つぶされてしまいます。花はじっとしているとたくさん咲きますが、踏んで歩き回ると散ってしまいます。
子どもは色ぬりが大好きなので、好きな動物の紙を手に取ると、一生懸命クレヨンで色ぬりをしていました。スキャンされて動き出すと、一度自分の足で作品を踏んでみましたが、色が飛び散ってしまうのを見ると、あれほど「トカゲを踏みたい!」と
言っていましたが、怖くなってきて、動き回っている動物たちにふれないようにと抱っこを求めてきて、しばらく自分で歩いてくれませんでした。それほどリアルに表現されているということですね。

☆マルチジャンピング宇宙
子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場
引用元:公式サイト
宇宙空間を表現した特殊な布の上でとびはねると、ひずみをつくります。そして、そのひずみが、宇宙空間の星屑(チリ)とガスを引き寄せ、星を誕生させたり、星を成長させたりします。
子どもたちは足元にできる変化に注目しつつ、柔らかいトランポリンで遊ぶように宇宙空間を楽しんでいました。


☆色取る鳥の群れの中のエアリアルクライミング
子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場

ロープで吊られた棒が連結され、立体的に空中に浮かんでいる空間で、その棒を使って空中を立体的に渡っていきます。棒は連結されているため、人による棒の動きが連結している他の棒に影響を与え、人が動くことで、複雑で美しい色彩で空間が変化していきます。
全体的に暗いので、子どもに一人で進ませるのが心配であれば、横に寄り添って動きを見てあげると安心です。4歳の子どもは、はじめは一歩一歩慎重に進んでいましたが、慣れてくると少しスピードを上げて渡っていくことができました。


☆重力にあらがう生命の森
子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場
光の物体は人に押され倒れかけると、それぞれ光の色を変化させます。そして、その近隣の物体は呼応し、同じ光の色に変化していきます。そして次々にそのまわりの物体も連続的に呼応していきます。
子どもたちは、自分よりも大きな光るバルーンに大興奮で、触れてしばらくすると色も変わるので、なかなかこの空間から離れてくれませんでした。

☆お絵かき水族館

子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場
いろいろな形の魚やたこなどの輪郭が描かれた紙にクレヨンで色ぬりをした後にスキャンをしてもらいます。しばらくすると、どこからかその絵がでてきて動き出します。その絵にふれると、ものすごい速さで海の中を泳ぎます。つぼ?のようなものに触れると、それがはじけて中から何かがとびだしてきます。
ここでも、色ぬりが大好きな子どもたちは熱心に作品を仕上げていました。自分の描いた作品がその場ですぐに動き出すのは、自分の作品に魔法がかかったようで子どもたちにとって嬉しいことですね。

☆すべって育てる!フルーツ畑
坂にはいろいろなフルーツが育っています。そして、ボールが飛びまわっています。
人は、太陽の光になって坂をすべります。体がボールにぶつかると、太陽の光のエネルギーをもらったボールは、勢いよく飛んでいきます。勢いよく飛んだボールがぶつかることで、フルーツは育っていきます。
一度に4人まで一緒にすべることができるすべり台です。大人と一緒であれば小さい子どもすべることができます。

☆ランプの森

子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場
壁も床も鏡面になっていて、部屋に入った瞬間からその美しさに魅了されます。ランプの色や輝きの強弱で、「山の紅葉」、「Fire」、「Fire on Ice」、「氷洞(アイスケイブ)」、「Flame」が表現されています。
上からつりさがっているランプの高さは様々で、子どもの手の届くところにあるランプもあるので、けっして触れないように小さい子連れの場合はご注意ください。

☆Light Sculpture
子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場
子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場

Light Sculpture の作品はシリーズでいくつかあります。
光の線の集合や、光の色が混ざり合った光の塊、スモッグと光などで、「靄の彫刻」、「結界」、「神々」、「境界のない群蝶」、「境界のない群蝶」などのさなざまな空間を表現しています。
子どもたちは、上を見上げたり、光の線を追って動き回ったりと、自分自身が不思議な空間に包まれて体全体で作品を味わっているようでした。




カフェ
★EN TEA HOUSE 幻花亭
子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場
注がれた器の中で花が咲き始めます。お茶を飲もうと器を手に取ると、花が散っていきます。そして器を置くと、残っているお茶の表面積に合わせてまた花が咲き始めます。器の位置を変えても、ちゃんとまたそこで花が咲き始めるので本当に不思議です。毎回違う花が咲くので、お茶を飲むのを忘れてしばらく見入ってしまいます。
※メニューは4種類のみ。どれも500円です。
・ゆず緑茶(アイス)
・カモミールほうじ茶ラテ(ホット)
・水出し茶(アイス)
・緑茶(ホット)
★緑茶アイスクリームセット(2018.12.1~)は、好きなドリンクとのセットで1,200円です。

 

【 チケットの料金 】

大人:高校生以上(15才~) 3,200円
小人:中学生以下(4から14才) 1,000円

エントランスパス(前売券・当日券共通)
※3才以下は無料です。

【 アクセス 】

子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場


引用元:公式サイト



公共交通機関で行く場合
・りんかい線➡東京テレポート駅 徒歩5分
・新交通ゆりかもめ➡青海駅 徒歩5分
パレットタウン大観覧車の下が入り口となりますので、この大きな観覧車を目指して歩きましょう。
車で行く場合
こちらの駐車場が利用できます。

タイムズ ヴィーナスフォートパーキング 24時間 (470台)
タイムズ パレットタウンパーキング 24時間 (450台)
※車で来場の場合は、施設内エントランス カウンターで提携駐車場2時間無料券がもらえます。その際、チケットの提示が必要です。
タクシーで行く場合
新交通ゆりかもめ 青海駅にて下車 徒歩5分
MEGA WEBを通り、パレットタウン大観覧車を目指して行きます。

いざ一歩踏み入れると、黒一色の壁や床に映し出された作品たちが境界もなく常に移動していて、動きのある作品に圧倒され見入ってしまいますどこへ向かえばいいのかわからず、とりあえず近くにあった作品たちが移動していく方へと一緒に動いていきました。本当に❝ボーダレス❞だとすぐに感じました。
作品たちは、1つの部屋にとどまることなく、自ら動き出して、ほかの作品とコミュニケーションし、影響を受け合い、時には混ざり合っています。また、その作品に触れて影響を与えることもできます。花に触れると、さぁっと花びらが1枚1枚分かれて散っていきます。とんでいるチョウに触れると、はらはらと下へ落ちていきます。
子どもたちは、最初、自分のまわりが全てキラキラしたアート作品になっていることにびっくりしていましたが、手を触れると違った変化がみられることに気づいてからは、壁や床の作品をずっと触って、何か変わらないかと見ていました。床はじゅうたんのようになっているので、子どもが座っても寝転がっても安心です。座ってじっと作品を眺めている人もたくさんいました。
子どもたちには、暗闇でも目立つようにと白色の服を着せていたのですが、その白色に作品が映し出されて、少し目を離すとどこにいるのか見分けがつかないくらいでした。小さい子連れの場合は、作品だけでなく、しっかりと子どもの動きに注意を払うことも大切です。特に1階は廊下も部屋もほとんどが暗くなっているので、子どもから目を離さないようにしたいですね。

子どもとおでかけ チームラボ ボーダレス お台場

オーガニックの出産祝い【Haruulala】