ワンワン!コッシー!おかあさんといっしょのみんなに会える!?子ども(幼児)が遊べるHNKスタジオパーク

みんな必ず一度は見たことがあるNHK教育テレビ、通称「Eテレ」。
そのEテレのキャラクターたちにも会えるのがNHKスタジオパークです。
スタジオパークは、NHKをまるごと楽しむ体験型のテーマパークとなっています。
もちろん、ここではNHKで放送されている番組制作の舞台裏を楽しんだり、昔のドラマの世界を懐かしんだり、最先端の映像技術に驚いたりすることもできます。
そこで、今回は子ども(幼児)が体験して、
遊べて、楽しめるおすすめのコーナーを中心に紹介します



★NHKクエスト★
NHKの番組にまつわるさまざまなクイズにチャレンジできます。モニターにタッチしてクイズに答えていくのですが、正解すると大きなファンファーレとともにどーもくんが走っている?のが面白く、子どもたちは何度も挑戦していました。
また、見逃してしまった番組やもう一度見たい番組を過去の番組表から探して見返すこともできます

★はてなルーム★
子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク
子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク
「ためしてガッテン」「すイエんサー」の番組から生まれた疑問の数々に挑んで科学の面白さにふれることができます
スイカの模型や時間をはかれる機器など子どもたちが興味を持つものがたくさんありましたが、何よりも押すと❝ガッテン❞と話すボタンに夢中でした。

ベビー・キッズのお店☆ハニースマイリーズONLINE

★アニメファクトリー★
NHKのアニメ番組を紹介しています。声優に挑戦できるアフレコスタジオや、アニメができるまでの制作過程の解説映像、なつかしの作品のポスターが展示してあり、子どもたちはいつもテレビで見ているアニメのキャラクターを見つけては興奮していました。
アフレコスタジオでは、「きかんしゃトーマス」、「境界のRINNE」、「わしも」、「おじゃる丸」、「忍たま乱太郎」のアフレコが体験できます

★クリエイティブラボ★
映像素材と音楽素材、そしてどーもくんなどのキャラクターのカードを選んで、オリジナルの映像をつくることができます。自由に組み合わせることができるので、子どもならではのちょっと不思議な映像が生まれることもありとても楽しめます。ここでは映像と音をあやつる面白さを実感することができます



★こどもライブラリー★
1960年代から現在までの子ども番組を見ることができます。また、スケジュールにより「おかあさんといっしょ」のスタジオ収録も見学できます
「いないいないばあっ!」にでてくるスーパーワンの赤いマントなども展示してあり、ここでも子どもたちは知っているキャラクターを見つけては喜んでいました。

★ネイチャーカメラマン★
手元のレバーをくるくる回すと、蝶やいろいろな虫たちの目線で見える世界をカメラを通してのぞき見ることができます。ほかにも、危険動物に接近できるカメラ、夜行性の生き物を撮影する暗視カメラなど様々な特殊カメラをあやつって、自然番組撮影のワザを楽しむことができます
企画展として、合成画面で降水量と風速がどのくらい強いのか疑似体験もできるようになっていました。
また、顔を映してしばらくすると、自分を生き物に例えるとどんな生き物になるのか判別してくれる機械があり、意外な結果ばかりがでてきて面白かったです。

nonno、MORE、andGIRL、ViViなど雑誌掲載アイテムがプチプラで買える♪最新トレンド満載のプチプラレディースファッション通販サイト!【神戸レタス】

★キッズワールド★
子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク
「おかあさんといっしょ」のお兄さんやお姉さんたちと一緒に、同じ画面で歌ったり体操したりできるアトラクションです。知っている曲が流れると、そこにいた子どもたちはみんな大きな画面にくぎ付けでした。

子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク
「いないいないばあっ!」「みいつけた!」「にほんごであそぼ」「パッコロリン」「シャキーン!」のEテレのキャラクターとゲームができます。小さい子どもでもタッチできるように高さが低くなっているところもあるので、みんなで楽しめます。
子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク
「みいつけた!」のコッシーやベンじいさんがいて、実際に座ることができます。子どもが座るのにちょうどいいサイズです。

子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク

「いないいないばあっ!」のワンワンとお話ししてワンワンの体にさわったり、「おかあさんといっしょ」のチョロミー、ムームー、ガラピコと一緒に歌ったり、「みいつけた!」のみんなとかくれんぼを楽しんだりすることができます。

マールマールのお食事エプロン

★イベントホール★
子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク
子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク
時期によっておこなわれているイベントが変わりますが、このときは「ノージーのひらめき工房」でオリジナルのポーチや帽子が作れるイベントをしていました。台紙にクレヨンで絵を描いたり、どーもくんなどのシールをはったりして自由に作れます。NHKスタジオパークを訪れた記念として親子で作品作りをするのもいいですね。

★スタジオショップ★
子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク
Eテレのキャラクターの商品がたくさん並んでいます。ぬいぐるみにおもちゃ、絵本や文房具などを購入することができます。子どもたちの目が輝くほど魅力的な商品ばかりでした。
ちなみに、ところどころにEテレのキャラクターの商品を扱っているガチャガチャがあるのですが、子どもたちのお土産にもちょうどいい値段で楽しめるのでおすすめです。

★スタジオカフェ★
食事や休憩をするのにおすすめです。子どもが食べやすいうどんやラーメン、キッズプレートもあります。北海道ソフトクリーム(5種類)も食べられるので、歩き疲れた体にはちょうどいいです。スタジオパークの出口付近にあります

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

★★★ おまけ ★★★

子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク
子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク
「こどもライブラリー」の周辺に、ちょっと小さめのワンワンやチョロミー、ムームー、ガラピコたちがいるので一緒に写真を撮ることもできます。子どもにはちょうどいいサイズかもしれません。




≪ アクセス ≫
NHKスタジオパーク 子ども 徒歩 行き方
子ども(幼児)が遊べるNHKスタジオパーク
NHKスタジオパークに行くバスは、渋谷駅の渋谷マークシティ前 2番乗り場から乗車することができます。渋谷マークシティは、忠犬ハチ公の道を挟んで向かい側(ロクシタンのお店側)にあります。

渋谷駅から歩いていくこともできます。
渋谷駅から徒歩で行くルートはこちらを見てください。

≪ 開園時間 ≫
午前10:00~午後6:00まで
※最終入館は午後5:30です。

≪ 休館日 ≫
毎月第4月曜日
※祝・振替休日にあたる場合は、その翌日です。

≪ 入場料 ≫

一般 200円
高校生以下・18歳未満・65歳以上 無料

※団体(20名以上)は150円です。
※障害者手帳を提示すると、本人と付き添い1名は無料です。




≪ 無料公開デー ≫
毎週水曜日と、祝日を含む連休などに入場料が無料になる無料公開デーがあります。
詳しい日にちは公式サイトで確認してください。
すべての人が無料で入場できます。
混雑状況により入場制限や、入口と出口を限定し一方通行になることがあるようです。

NHKスタジオパークの中は、ベビーカーでも移動しやすいように通路が広くなっていたり、エレベーターが随所にあったりするので移動にも困りません。
トイレも広くつくられているところがあったり、どこのトイレでもおむつ交換ができるようになっていて、おむつ専用のごみ箱も置いてあるので、まだおむつを手放せない子どもにとってはありがたかったです。
NHKスタジオパークに遊びに行くときの参考にしていただけたらと思います。