子連れにおすすめ!低予算で確実にディズニーシーの新アトラクション「ソアリン」のファストパスを取得する方法(実践編)

子連れにおすすめ!低予算で確実にディズニーシーの新アトラクション「ソアリン」のファストパスを取得する方法で紹介したことを実際に試してみたので、その実践した内容を紹介したいと思います。

これまでディズニーホテルには何度か宿泊してきましたが、子どもが小さいときは、子どもの生活リズムを優先して、ディズニーホテルの宿泊者特典「ハッピー15エントリー」を利用することはありませんでした。

しかし、2019年7月23日に東京ディズニーシーに新しくできたアトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」にどうしても乗りたくなり、子どもたちもそろそろ大きくなってきたので(5歳と3歳)、今回は、低予算で、ディズニーホテルの宿泊者特典「ハッピー15エントリー」を利用して、確実に「ソアリン」のファストパスを取得することに挑戦しました。

実際に、「ソアリン」のファストパスを取得して乗ることができたので、その様子を紹介したいと思います。
参考にしていただけたら嬉しいです。

実践してみてわかったこと!
「楽天トラベル」からお得にホテルの予約ができる。

②ホテルからのシャトルバスは、
   朝の通勤ラッシュの時間帯を避けて乗る


シャトルバスに乗るための並ぶ時間も考えて早めに動く

「ハッピー15エントリー」で入園するエントランスは、
   
宿泊したホテルによって分かれている。

「東京ディズニーリゾート®・アプリ」の起動には時間がかかる

①「楽天トラベル」からお得にホテルの予約ができる

ディズニーホテルの宿泊者特典「ハッピー15エントリー」を利用するために低予算で宿泊したいホテルは、ディズニーホテルでありながらバリュータイプに分類されている「東京ディズニーセレブレーションホテル」です。

他のディズニーホテルと比べると、宿泊代金がかなり安く設定されているので、ファミリーで利用するにはありがたいです。

ホテルの宿泊代金が低価格なためか、アメニティーなどはシンプルですが、子どものパジャマやスリッパなどの用意もあるので安心です。

パークに行く日にちが決まったら、「楽天トラベル」からホテルの予約をします。

楽天市場での買い物などで貯めた楽天ポイントを使えば、ホテルの宿泊代金をお得にすることができます。

今回「楽天トラベル」で、
東京ディズニーセレブレーションホテル
【ウィッシュ】スタンダードルーム(ガーデンサイド)
の部屋を予約しました。
最大4名利用できる部屋で、ベッドは4台あります。
このホテルは一部屋ごとで宿泊代金を支払うのですが、
10月末の平日利用で、22,700円でした。

が、貯めておいた楽天ポイント17,300ポイントを使い
さらに、「楽天トラベル」で15,000円以上の宿泊予約をすると1,000円引きになるクーポンを使うことができたので、
これらを使って今回のホテルの宿泊に支払った金額は、
なんと4,400円でした。
家族4人での利用でこの金額はかなり安いです!

ホテルの予約に楽天ポイントが使える「楽天トラベル」は、ホテルの宿泊代金をかなりお得にしてくれるので、今後もぜひ利用したいなと実感しました。

楽天ポイントをたくさん貯めておけば、ホテルの宿泊代金を無料にすることもできますね!

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

②ホテルからのシャトルバスは、
   朝の通勤ラッシュの時間帯を避けて乗る

③シャトルバスに乗るための並ぶ時間も考えて早めに動く

「東京ディズニーセレブレーションホテル【ウィッシュ】」のバス停です。

次に、ディズニーホテルの宿泊者特典「ハッピー15エントリー」を確実に利用するためのプランを考えます。

通常の開園時間よりも15分早く入園することができるのですが、その分、子どもたちを早く起こさなければならないということになります。

子どもの寝起きの機嫌はあまりよくありません。

起こされずに自分で目覚めると、機嫌はいいです。

そこで、パークへ行く前日(ホテルに宿泊する日)は、昼過ぎから夕方までにはチェックインをすまして、ホテルの部屋や施設を見てのんびり過ごし、夕食後は手早く入浴をすませていつもより早めに寝ます

すると、ディズニーの力も加わって、いつもは目覚めの機嫌がよくない子どもたちでも、かなり早い時間に自分から目覚めて、朝の出発の準備をスムーズにしてくれます

パークへ行く当日は、朝の通勤ラッシュも考えて、最低でも6時40分ごろまでにはパークへ行く無料のシャトルバスに乗るようにします。(開園時間が8時の場合)

(開園時間が8時のとき)6時50分以降のバスに乗って、朝の通勤ラッシュに巻き込まれてパークに着くまで40分以上かかり、開園時刻の15分前から入園できる「ハッピー15エントリー」をちゃんと利用できなかったという人の話を聞いたからです。

ホテルからシャトルバスに乗るための列ができているかもしれないので、ホテルの部屋からも早めに出た方がいいです。

我が家は、前日に早く寝たおかげで、子どもたちは当日5時30分ごろに自分から目覚めてくれて、予想していた時間よりもかなり早く出発することができました。

6時10分ごろにホテルの部屋を出て、6時20分のシャトルバスに乗ることができました。

ちょうど前のバスが出発した後で、バス停に並んでいる人はいませんでした。

シャトルバスは、朝の6時から10分おきに運行しているのですが、出発時刻の5分前にはホテルのエントランス前のバス停に来ています。

チェックアウトは、ルームキーをホテルのエントランスにある茶色のボックスに入れるだけなので、煩わしい手続きはなく、さっとバス乗り場へ向かうことができました。

ありがたいシステムだなと思いました。

④「ハッピー15エントリー」で入園するエントランスは、
    宿泊したホテルによって分かれている

6時20分にホテルを出発したバスは、朝の通勤ラッシュに巻き込まれることなく、約20分でディズニーシーに着きました。

バスを降りて、ディズニーシーのエントランスに向かうのですが、「ハッピー15エントリー」を利用するディズニーホテルの宿泊者専用のエントランスが、ホテルによって分かれているので気を付けなければなりません。

東京ディズニーセレブレーションホテルの宿泊者のエントランスは、バスを降りたところから、ディズニーリゾートライン(モノレール)の東京ディズニーシー・ステーションの方へまっすぐ進み、その駅の下をくぐり抜けた側にあるエントランスになります。
(パークエントランス・サウス側)

東京ディズニーシー・ステーションの下をくぐり抜けて、右側にエントランスがあるのですが、その一番奥にあるところが「ハッピー15エントリー」を利用するエントランスになります。

近くで誘導しているキャストさんがいたら、並んでいる列が正しいかどうか確認しておくと安心です。

「ハッピー15エントリー」で入園できる時刻の約1時間前である6時45分ごろにエントランスに着きましたが、もうすでに列ができていました。

しかし、この時間帯では、まだそれほど長い列はできていませんでした。

大きな荷物はコインロッカーに入れておくのですが、シャトルバスを降りてから東京ディズニーシー・ステーションに向かうまでにいくつかあるので、余裕をもって荷物を入れておくことができます。

スーツケースが入る大きなコインロッカーは、800円でした。

入園できる列に少しでも早く並べるように、エントランスに向かう人とコインロッカーに荷物を入れる人にわかれて、効率よく動きました。

⑤「東京ディズニーリゾート®・アプリ」の起動には
    時間がかかる

「ハッピー15エントリー」の列に並んでいる間に、簡単に朝食をすませます。

子どもをベビーカーや敷き物に座らせて、子どもたちがさっと食べられるものを用意して、エネルギーを補給してもらいます。

トイレは、並んでいる列の左側にあるので、すぐに行くこともできます。

「ハッピー15エントリー」の20分前くらいに入園前の荷物チェックがはじまるので、それまでにトイレをすませておくといいです。

入園できる約1時間前に到着しましたが、のんびり朝食やトイレをすまして待っているとあっという間に感じました。

荷物チェック後に並んでいる様子です。ディズニーシーのシンボルがすぐそこに見えるほどエントランスに近く、「ハッピー15エントリー」での開園後数分で入園できました。

入園前の荷物チェックが終わったら、「東京ディズニーリゾート®・アプリ」を起動する準備をします。

アプリを起動すると、今いるところの位置情報を確認しているためか、操作できる画面に切り替わるまでかなり時間がかかります。

アプリの立ち上がりに時間がかかるので、開園時刻の2,3分前には起動して待ちます

入園するとき、ディズニーeチケットを購入したのであれば、このアプリでチケットを表示させて入園し、入園後にそのままこのアプリからファストパスの取得する画面を選んで希望のアトラクションのファストパスがゲットできます。

紙のチケットの場合は、まずはそのチケットで入園をすませて、入園後に起動しておいた「東京ディズニーリゾート®・アプリ」からアトラクションのファストパスを取得することができます。

ファストパスを取得する際、ディズニーeチケットの方が取得するまでの操作がスムーズでした。

代表者のスマートフォンのアプリに購入したディズニーeチケットの情報が入っているので、取得したいファストパスを決めてボタンを押すと、自動的に全員分のチケットが選択されて、そのままさっとファストパスを取得することができます。

紙のチケットの場合は、取得したいファストパスを決めてボタンを押した後に、チケットの情報を一枚ずつスキャンしなければならないので、人数が多いほど時間がかかります。

これからパークのチケットを購入するのであれば、ディズニーeチケットを準備することをおすすめします。

理学療法士が考案した「魔法の靴下」AIRISE AYA Model

「ハッピー15エントリー」で入園できる時刻の約1時間前に到着できたおかげで、エントランスのゲートが開いてから数分後には入園することができました。

パークに入園した後、「東京ディズニーリゾート®・アプリ」で「ソアリン」のファストパスを選択すると、
なんと、8時35分から利用できるファストパスを取得することができました!

入園してからアプリを使ってファストパスを取得するまで、
時間にして約5分!


入園後、そのまま「ソアリン」のスタンバイの列に並んでも待ち時間なしという状態でしたが、我が家は、下の子が規定の身長(102㎝以上)にわずかに達していなかったので、「トイ・ストーリー・マニア」へ行きました。

「トイ・ストーリー・マニア」も、アトラクションに乗り込むところまでそのまま歩いて行き、待ち時間なく楽しむことができました。

その後、取得できたファストパスを使って「ソアリン」を楽しんだ後、次のファストパスが取得できる時間になって「東京ディズニーリゾート®・アプリ」を開いてみると、まだ「トイ・ストーリー・マニア」のファストパスを取得することができ、もちろんゲットしました。

並ばずに1日に2回も楽しめるなんてすごいことです!

今回、子ども連れでもなるべく並ばずにアトラクションを楽しめるようにファストパスを取得する方法を考えて実践してみましたが、「東京ディズニーリゾート®・アプリ」でファストパスを取得することができるようになったため、いかにパークに早く入園できるかがカギとなるのだと実感しました。

子ども連れでも、低予算で、確実に大人気アトラクション「ソアリン」のファストパスを取得することができたので、この方法を参考にしていただければと思います。

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル