子ども(幼児)と行くディズニーシーのおすすめルート

子ども(幼児)と一緒にディズニーシーへ行くとき、どのアトラクションなら安全に楽しむことができるのか、どのようにパークをまわれば効率よくアトラクションに乗ることができるのか悩むと思います。
そこで、ここでは活動的で好奇心旺盛な小学校入学前の子ども(幼児)と一緒に楽しめるディズニーシーのアトラクションのおすすめルートを紹介します。

子ども(幼児) ディズニーシー おすすめルート

プチプラ子供服【J KIDS】

例えば、今回の目的を、
ミッキーと写真を撮る
「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」へ行く。
体を動かせるアトラクションをする
「トイ・ストーリー・マニア!」へ行く。
子どもが好きなディズニーキャラクターが登場するアトラクションに乗る
「ニモ&フレンズ・シーライダー」へ行く。
子どもが初めて体験するアトラクションに乗る
「ブローフィッシュ・バルーンレース」へ行く。
の4つにします。この4つを入れたルートを考えておきます。
ショーは移動の合間に見て、子ども(幼児)と一緒に楽しめるアトラクションを中心にまわることにします。


(9時30分ごろ入園)
★パークに入園後、「トイ・ストーリー・マニア!」ファストパスを取っておく。
ファストパスとは、あらかじめ指定された時間内に戻ってくれば、少ない待ち時間でアトラクションを利用できるシステムです。
子ども(幼児) ディズニーシー おすすめルート

「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」に乗って、アメリカンウォーターフロントからポートディスカバリーへ移動する。
※ベビーカーのまま利用することができます。

「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」ミッキー(たち)と写真を撮る
子どもが元気で機嫌のいい午前中に、キャラクターと記念の写真を撮りましょう。
ここでは、ミッキー、ミニー、グーフィーと順に、一緒に写真を撮ることができます。このあとに乗りたいアトラクションのことも考えて、混雑していたら一番好きなキャラクターを選んで写真を撮ることにしましょう。
カメラマンに写真を1枚撮ってもらえるのですが、1グループにつき1枚なら持参したカメラでも写真を撮ってもらえます。カメラマンに撮ってもらった写真は、出来上がりを見て、後で購入するかどうかを決めることができます。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」に乗る。
身長制限あり(90㎝以上で利用可)
新しくできた人気のアトラクションですが、一度に大勢入ることができるので、比較的すいている午前中に乗ることをおすすめします。

「アクアトピア」に乗る。

身長にお悩みの方、成長のカギはアルギニンでした!

昼食をとる。
ポートディスカバリーには、お子様メニューのある「ホライズンベイ・レストラン」(キャラクターダイニングを利用しない場合は事前予約は必要なし)があります。
マーメイドラグーンの方へ行くと、子どもが食べやすいメニューが多い「セバスチャンのカリプソキッチン」もあります。
また、カレーが好きな子どもにはアラビアンコーストにある「カスバ・フードコート」もおすすめです。お子様メニューはないのですが、甘口カレーがあります。

「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」に乗る。
マーメイドラグーンには、室内で小さな子どもが遊べるところもありますので、昼食後にのんびり過ごすのにはぴったりです。
子ども(幼児) ディズニーシー おすすめルート

「ブローフィッシュ・バルーンレース」に乗る。

「マジックランプシアター」を見る。
ファストパス対象
混雑しており、まだファストパスを取得できるようであれば取っておき、その間に「キャラバンカルーセル」「ジャスミンのフライングカーペット」で楽しみましょう。

「トイ・ストーリー・マニア!」に乗る。
そろそろ最初に取ったファストパスの時間になると思います。時間を見てアメリカンウォーターフロントへ行きましょう。
子ども(幼児) ディズニーシーのおすすめルート

「タートル・トーク」へ行く。

お子様の将来を本気でお考えの方へ。小さなころからのケアが重要です!『善玉ガード』

夕食をとる。
アメリカンウォーターフロントには、日本食が楽しめる「レストラン櫻」があります。お子様メニューもあります。
➡この「レストラン櫻」は、プライオリティ・シーティングの事前受付もできます。
プライオリティ・シーティングとは、対象のレストランを利用する際、事前に利用希望時間を指定することができ、その時間にレストランに行くと、少ない待ち時間で優先的に席に案内してもらえるサービスです。

インターネットで事前受付をしておきます。利用希望日1カ月前の10時から利用日前日の20時59分までに、東京ディズニーリゾート オンライン予約・購入サイトのみから、対象のレストランの受付ができます。人気の時間帯は、早く満席になってしまうので、ディズニーシーに行く日にちが決まったら、その一か月前の日に事前受付をすることをおすすめします。
また、個人的には、「ニューヨーク・デリ」ルーベン・ホットサンドが好きで、カリッと焼かれたパンにコーンドビーフやチーズなどがサンドされていてとてもおいしいのでおすすめです。
メディテレーニアンハーバーの方へ行くと、比較的リーズナブルな値段で食べられる「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」があります。子どもが好きなスパゲッティやピザなどがあります。

【Doresuwe】オシャレ・上品ドレス・プチプラレディースファッション通販!

「海底2万マイル」に乗る。
この時間帯であれば比較的すいているころだと思います。
子ども(幼児) ディズニーシーのおすすめルートです

「ファンタズミック」を見て、パークをあとにします。
時間帯が合えば、この後続いて花火を見ることもできます。メディテレーニアンハーバーからですと、アラビアンコーストの方角に花火が見えるはずです。

子ども(幼児)も一緒に乗れるアトラクションを中心にまわってみましたが、その中でももちろん、自分自身も楽しみたいポイントを決めてまわるルートに入れておくと、より満足度が高まっていいですね。パークに行った時の混雑状況によってルートの変更はありますが、参考にしていただけたらと思います。

子育てママに大人気!無料で家まで届けてくれる宅配クリーニング「リネット」