赤ちゃんと行くディズニーシーのおすすめルート

ディズニーシーは、メディテレーニアンハーバーを中心に、そのまわりにそれぞれのテーマエリアがあります。次のエリアへ移動する際、隣のエリアならいいのですが、メディテレーニアンハーバーと対角線上にあるエリアへ行こうとすると、かなりの時間と体力を使います。
そこで、事前にどのエリアで何をしたいのか目的を決めておき、それを入れたルートを考えておきます。できれば、移動を短くするために、エリアの近いものどうしを順にしたルートにしておくことをおすすめします。
今回の目的は、
ミッキーと写真を撮る
キャラクターダイニングを利用する。
◆マーメイドラグーンにある、赤ちゃんと一緒に乗れるアトラクション「ブローフィッシュ・バルーンレース」「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」を体験する。
◆私が好きなキャラクターであるランプの魔人ジーニーがいるアラビアンコーストにある「キャラバンカルーセル」に乗る。
の4つにします。この4つを入れたルートを考えておきます。
ショーは、移動の合間に見て、赤ちゃんと一緒に楽しめるアトラクションを中心にまわることにします。

ディズニーシー 赤ちゃんと一緒 おすすめアトラクション

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

(9時30分ごろ入園)
「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」に乗って、アメリカンウォーターフロントからポートディスカバリーへ移動する。
ベビーカーのまま利用することができます。

「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」ミッキーたちと写真を撮る
赤ちゃんの機嫌のいい午前中の元気なうちに、キャラクターたちと写真を撮りましょう。ここでは、ミッキー、ミニー、グーフィーと順に、一緒に写真を撮ることができます。

早めの昼食をとる。
キャラクターダイニング「ホライズンベイ・レストラン」で昼食をとる。
食事を楽しんでいる間に、ミッキー、ミニー、プルートが各テーブルにごあいさつに来てくれて、一緒に写真を撮ることができます。サインを書いてもらったり、好きなポーズをお願いしたりと、ここでしか見られないミッキーたちとのやり取りが体験できるので、赤ちゃんと一緒にディズニーシーに行くときにはおすすめのレストランです。
このレストランは、プライオリティ・シーティングの事前受付が必要です。
➡インターネットで事前受付をしておきます。利用希望日1カ月前の10時から利用日前日の20時59分までに、東京ディズニーリゾート オンライン予約・購入サイトのみから、対象のレストランの受付ができます。対象のレストランを利用する際、事前に利用希望時間を指定することができ、その時間にレストランに行くと、少ない待ち時間で優先的に席に案内してもらえるサービスです。人気の時間帯は、早く満席になってしまうので、ディズニーシーに行く日にちが決まったら、その一か月前の日に事前受付をすることをおすすめします。

ディズニーシー 赤ちゃんと一緒 おすすめのアトラクション

Amazon.co.jp

「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」に乗って、ポートディスカバリーからアメリカンウォーターフロントへ移動する。
ベビーカーのまま利用することができます。

「ヴェネツィアン・ゴンドラ」に乗る。
赤ちゃんを膝にのせて利用することができます。
このあたりから、赤ちゃんがお昼寝をはじめるころだと思います。赤ちゃんが眠ったら、その間に買い物を済ませておきましょう。ジェラートなどを食べて休憩するのもいいですね。

「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」に乗って、アメリカンウォーターフロントからロストリバーデルタへ移動します。
ベビーカーのまま利用することができるので、赤ちゃんがまだ寝ていても大丈夫です。船から降りたら、そのままマーメイドラグーンの方へ歩きます。川に沿って歩いていくと、右側にピンク色や紫色を基調とした可愛らしい海の世界が見えてきます。

「ブローフィッシュ・バルーンレース」に乗る。
赤ちゃんを膝にのせて利用することができます。

「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」に乗る。
赤ちゃんが一人で座って安定した状態が保てるなら一緒に乗ることができます。

「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」に乗る。

「キャラバンカルーセル」に乗る。

赤ちゃんのタイミングを見ながら夕食をとる。
メディテレーニアンハーバーの方には、「ベビーセンター」があるので、お店が混んでいたら利用することをおすすめします。ここでは、赤ちゃんの食事やおむつ交換などができます。

「ファンタズミック」を見て、パークをあとにします。
時間帯が合えば、この後続いて花火を見ることもできます。メディテレーニアンハーバーからですと、アラビアンコーストの方角に花火が見えるはずです。

ディズニーシー 赤ちゃんと一緒 おすすめのアトラクション

ベビー・キッズのお店☆ハニースマイリーズONLINE

ディズニーシーの場合、対角線上になるエリアへの移動は難しいですが、「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」や「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」のアトラクションを移動手段として使うと、アトラクションを楽しみながら短い時間でエリアの移動ができるのでおすすめです。
どちらのアトラクションも、ベビーカーのまま利用することができるので、赤ちゃんと一緒にディズニーシーに行くときのルートに入れておくといいですね。